「真面目です。伝えることに真面目」「だからこそ迷いも出るし葛藤もあるし。生きてるんですよ」TAKAHIRO先生が欅坂46についてラジオで語る【GROWING REED】

2月24日24時から放送された、岡田准一さんナビゲートJ-WAVE「Growing Reed」にTAKAHIRO先生が出演。自身のダンス人生や欅坂46、著書『ゼロは最強』について語った。

33分30秒くらいから

サイマジョや不協和音は知ってくださっているという岡田さん。そんな岡田さんとTAKAHIRO先生は欅坂46についての話に。岡田さんは「どうですか?マドンナ行って欅坂行って、人数も違うし、タイプも違うじゃないですか」と質問すると、TAKAHIRO先生は「大好きです」と少年のような回答。岡田さんは「どっちが?」と尋ねると、TAKAHIRO先生は「どっちもです」とキッパリ。

「どっちもすごくうれしいのは、作ることだったり、作品に対してすごく向き合ってくださるんですよ。」とTAKAHIRO先生が語ると、岡田さんも「音楽番組でお会いするだけですけど」と前置きしつつ、「みんなすごいですよね。あの子たちの真っすぐさみたいな、めっちゃ真面目ですよね」と欅坂46の印象を語った。

TAKAHIRO先生が「めっちゃ真面目だし、めっちゃストイックだし」と言うと、岡田さんは「ストイックにあんなに入り込んで踊っているいわゆるアイドルグループの子たちいないですもんね。空気感作って踊りだそうとしてますもんね、ちゃんとね。すごいなと思って」とその世界観やストーリーを表現しようとする姿勢を褒めてくださっていた。

TAKAHIRO先生も「真面目です。伝えることに真面目」とグループの印象について語ると、岡田さんも「伝えようとしてるんですね、ちゃんと」と理解を示した。TAKAHIRO先生は熱がこもってきたのか「だからこそ迷いも出るし葛藤もあるし。生きてるんですよ」とメンバーの心情を吐露。岡田さんの「表現して伝えようとすると悩みますよね、本人たち」との言葉には、「今日思うことと明日感じることは違うけれども、曲は同じ歌詞だからどう向かい合っていくか。僕たちクリエイターもその熱量に負けないように走っていく」と欅坂46に負けないように全力で向かい合っていることを明かしていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました