若さで挑んだ欅坂46チーム、土ドラ「絶対正義」チーム相手に敗北【ネプリーグ】

本日3月4日に放送された、ネプリーグに欅坂46菅井友香・小林由依・土生瑞穂・渡邉理佐が出演。4人は林修先生&原田泰造さんと共に欅坂46チームを結成。オトナの土ドラ『絶対正義』チームとの対決に挑んだ。

©ネプリーグ、©フジテレビ

第1問の英語問題には菅井・理佐・小林の3人が挑戦。欅に関連した問題も出題されたが、菅井は46の英語書き問題を「fourty six」と書きこれをミス。理佐は正解したが、小林が「売る」を「バイ」を回答し欅坂46は1階止まりとなってしまった。

©ネプリーグ、©フジテレビ

2問目の漢字書き問題は1問目をお休みしていた土生が小林と入れ替わる形で挑戦。ファンの間には心配の期待の声が聞かれたが、1問目「春夏シュウトウ」2問目「ガラスをワる」と連続正解。3人合わせて5問という結果だったが、最後には林先生が最終問題をあっさりクリアし全問正解となった。

©ネプリーグ、©フジテレビ

最終ステージの風船残しではなかなかの好記録を残した欅坂46チーム。土生が林先生におそらく新年初の「今でしょ!」を振るなど、バラエティー的にも活躍したが、好記録を連発した「絶対正義」チーム相手に惜しくも敗れる結果となってしまった。

©ネプリーグ、©フジテレビ

大人しさは見せつつも、元気というかかなりいい感じで収録に臨めていた欅ちゃんたち。特に悩んでいるときの理佐のジタバタしている様子や、土生ちゃんのコメントはよかった。クイズ番組への出演はねるばっかりだが、そのほかのメンバーの出演も期待できるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました