「このブログを書きながらも、涙がぽろぽろ落ちてきます。」守屋茜がブログ更新。卒業発表の長濱ねるについて想いを綴る

3月8日、守屋茜がブログを更新した。

あかねんはブログで「本日、大切で大事で大好きなメンバー、長濱ねるの卒業発表がありました。」とねるの卒業に触れた。

「応援してくださっているみなさんもお辛いと思います…」とあるように、突然の卒業発表となったが、「私自身もこの現実を受け止めるのに相当時間がかかりそうです。。。発表される日が来なければいいのに。時間を巻き戻せたらいいのに。話を聞いた時も夢であって欲しいと何度思ったことか。」とあかねんも悲しそうだ。

あかねんはねるについて「人が良すぎるくらい性格がよくて、あんなに気を遣える子いないよってくらい仲間想いで本当に心の優しい、近くにいても尊敬する存在でした。」とし、「このブログを書きながらも、涙がぽろぽろ落ちてきます。」と明かした。

また、ねるに対して「ねるが私、私たち欅坂に与えてくれたものは言い表せないくらい大きなものでした。初めて21人全員選抜になった時のことも一生忘れられないし、凄く嬉しくてみんなで喜びあったこと鮮明に記憶に残っています。数えきれないくらいの思い出、力、笑顔…沢山ありがとう。感謝でいっぱいです。心の底から出逢えてよかったよ( ; _ ; )」と感謝を語りつつ、「今度は私が ねるにもっと笑ってもらえる時間をいっぱい与えたいし、何より残りの時間は存分に楽しんでもらいたいです。辞めたくないって思ってもらえるくらいね♡笑」と精一杯の明るさを見せた。

日向坂46のデビューカウントダウンライブはけやき坂46のラストライブともなったが「それと昨日は日向坂ライブに行かせて頂いたのですが、ねるが卒業してしまうことを知りながらのあの演出は涙が止まりませんでした… ねるを慕うみんなの姿をみても、ねるが与えてくれたものはこうして形になっていると目の前にして実感しました。」と、ひらがなけやきの終焉に思うところがあったようだ。

ねるに「ステキな思い出いっぱいつくろうね!」と話しつつ、ファンには「後日は全国握手会が開催されます。 皆様が悲しむ姿は私たちも辛くなります。
いまはまだ伝えることが出来ます! 後悔のないように言いたいことは伝えてあげてくださいね。 皆様にとってもより良い時間になりますように願っております。」と呼びかけた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました