「俺としてはさ、バトンが渡されたような感じがして」SOLとーやま校長、卒業発表の欅坂46長濱ねると日向坂46上村ひなのについて語る

本日3月8日に放送される、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にて日向坂46のデビューシングル「キュン」の収録曲『JOYFUL LOVE』を初フルオンエアした。

『JOYFUL LOVE』の解禁後には、5日~6日に開催されたデビューカウントダウンライブについて触れた。「とにかくいつもそうだけども、めちゃめちゃ楽しそうなの、みんな」とライブを振り返った。

その中で最後のほうに登場した上村ひなのについて「パッと見やっぱさ、卒業されるね、長濱ねるさんにすごいそっくりなんだよね」と語ると、「俺としてはさ、バトンが渡されたような感じがして。長濱さんもたぶんそういう日向坂のカウントダウンがしっかりと終わったところで、卒業を発表されるタイミングもそこだったのかなとか思ってたりとかしてだね。なんかこう意志は引き継がれているなぁというの思った次第でございますよ、わたくしとーやまは」と私見を述べた。タイミング的にはぴったりで確かにそうなのかもしれない。

最後には、明日の全握に向けて「思いの丈を時間の許す限り伝えてきてほしいなと思ってます」と言葉を寄せた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました