欅坂46小池美波、卒業発表をした長濱ねるについて語る【ザ・ヒットスタジオ(火)】

3月12日深夜に放送されたMBSラジオ「ザ・ヒットスタジオ(火)」に、欅坂46小池美波がレギュラー出演。卒業を発表をした長濱ねるについて語った。

ねるの卒業発表でファンの間に激震が走ったが、それはメンバーにとっても同じだったという。メンバーみんなが集められた場で卒業の話があったといい、体調不良についての話かと思っていた小池は「まさかその言葉(卒業)が出てくるとは思わなかったので」と驚きを語った。

小池はねるの優しく頑張り屋なところを見習っていたという。そんなねるの卒業発表に「そんなねるを見て私も頑張ろうっていうことがあったので、結構ショックでしたね」と本心を吐露。卒業に戸惑った小池は「ダメ」と一言LINEを送ったという。

しかし、そんなねるから帰ってきたのは「一番初めにありがとうって伝えたいんだ」という言葉。そんなこと送られてきたらもうなんも言えないじゃん、な返しに、いまは卒業に否定的な言葉は言わず、ただ抱き着いたりしていると語った。

書き起こし

照美「長濱ねるちゃんの卒業が発表されたってのは非常に驚いたと思うんだけど」
小池「そうですね…」
照美「この番組的にもメールをね、ねるちゃんからいただいたと」
小池「はい、私がねるにお願いして送ってくれたことがありました」
照美「でも、卒業はどういう形で知ることになったの?」
小池「ねるがメンバーみんなを集めてちょっと話したいことがあるからっていう…」
照美「そういう形だったんだ」
小池「はい。で、教えてくれましたね」
照美「それはビックリするわな」
小池「そんな話だとは思わなかったので」
照美「そらそうだよね」
小池「はい、なんかちょっと体調崩してたりとかしてたので、そういう感じのことかなと思ってたので。まさかその言葉が出てくるとは思わなかったので…」
照美「思わなかったんだ。みんなビックリしただろうな」
小池「ビックリしましたね」
照美「それ、でも聞いてしばらくしてどういう風に思ったかね」
小池「ねるは、欅坂とひらがなけやきっていうグループ2つを兼任していて」
照美「大変だ」
小池「本当に大変だったんですけど、大変な顔を一つ見せずにずっと誰よりも一生懸命頑張っていて。みんなにもすごく気遣いとかしてて。もう優しい」
照美「そういう子なんだ」
小池「本当に優しい子だったので。そんなねるを見て私も頑張ろうっていうことがあったので、結構ショックでしたね」
照美「ねぇ。そうだよな。一番の思い出と言えばなに?ねるちゃんとは」
小池「ねるとは結構好きなアーティストさんが被ってて・・・」
照美「あ、そうなの?例えば誰だったりするの?」
小池「SHISHAMOさんっていうバンドさんなんですけど。とかも結構話が合ったので、ライブも一緒に行ったりとかもしてて」
照美「そうなんだ、へぇ~」
小池「そうなんですよ。だからまたその一緒に行けるメンバーがいなくなっちゃうのかと思うと悲しいですけど」
照美「ねるちゃんにはみいちゃんから直接なんか言ったり…」
小池「あ、LINEなんですけど、一番はじめに何を伝えたいのかわからなくて。一言『ダメ』って送りました」
照美「あ~そっか~」
小池「『ダメ』っていう風に送ったら、ねるから『一番初めにありがとうって伝えたいんだ』って返ってきて。私よりも大人な考えを持ってるし、全然先のことを考えているだろうから。なんでしょう。いま私が思ってるのってきっとねるには良くないんだろうなって思って。背中を押せてないんだろうなって思ったので、いまはその言葉は言わないようにしてるんですけど、会うたびに抱きついたりとかして」
照美「ああ、そういうことね~」
小池「しますね。悲しいけどやっぱり、いつか振り返ったときに欅坂で活動していて良かったなって思ってくれれば」
照美「そうだよね、それが一番だと思いますけどね」
小池「はい」

土田さんは日向坂46デビューカウントダウンライブで知らされていた

コメント

タイトルとURLをコピーしました