日向坂46の新曲『ときめき草』作曲の御子柴リョーマさん、普通のサラリーマンだった

3月14日、日向坂46の新曲『ときめき草』の作曲を担当した御子柴リョーマさんがTwitterアカウントを開設。日向坂46についてのツイートも投稿している。

「世に出ることなくひたすら20年間狭い部屋で音楽を創り続けてきて甲斐がありました」と語る御子柴さんはただのサラリーマンだという。

個人的には『キュン』に収録される楽曲で『ときめき草』が一番好きだが、表題曲の候補に残ったもののカップリング曲として収録されることになった。そんな御子柴さんだが日向坂ファンから寄せられた好評に「僕はあなたの優しさに涙腺崩壊ですよ」「皆様の暖かいお言葉、応援、楽曲の評価ありがとうございます」などと感謝の言葉をしきりに口にしている。

昨年日向坂46(けやき坂46)はデビューアルバム『走り出す瞬間』をリリースし、躍進の1年に弾みをつけた。御子柴さんにとっても「走り出す瞬間」になるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました