「ときめき草」作曲者・御子柴リョーマさん。「キュン」と「ときめき草」どっちが表題曲が良かったかについて触れる

キュン(TYPE-C)

本日3月27日は日向坂46デビューシングル『キュン』の発売日。「ときめき草」の作曲者・御子柴リョーマさんは自身のTwitterを更新し、「キュン」や「ときめき草」について語った。

実は発表前は自信がなかったという御子柴リョーマさん。僕はどちらかと言えば「キュン」より「ときめき草」のほうが好きかなと思うが、表題曲には「キュン」のほうがキャッチーかなとも思う。

外野の勝手な想像としては、作曲者としては自分の作曲した楽曲が表題曲ではないことに悔しさがないのかな…などと思ってしまうが、御子柴リョーマさんはひたすらおひさまの優しさに感謝しているようだった。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました