けやき坂46宮田愛萌が短編小説集「最低な出会い、最高の恋」に参加【追記あり】

画像提供:monogatary.com

本日11月30日欅坂46公式サイトにおいて、宮田愛萌が短編小説集「最低な出会い、最高の恋」に参加することが発表された。宮田はこれが小説家デビューとなる。短編小説集「最低な出会い、最高の恋」は、電子書籍としてReader Store®にて2018年12月7日(金)から配信開始の予定だ。

ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する物語投稿サイト「monogatary.com」で2018年7月〜9月にかけておこなわれたコンテスト「モノコン2018」がきっかけとなり、声優の夏川椎菜さん、お笑い芸人のマツモトクラブさん、宮田愛萌が執筆した三者三様の恋愛を綴る異色の恋愛短編集「最低な出会い、最高の恋」が誕生したとのこと。

坂道グループからは乃木坂46の高山一実が「ダ・ヴィンチ」で連載していた『トラペジウム』が発売されたばかり。冠番組『ひらがな推し』でその文才を示していた才女があっという間のデビューとなった。(ということを書いていたら本当に『ひらがな推し』からオファーされたようだ)電子書籍ということもあってか価格は300円+税と控えめ。この価格帯なら学生でも手を出しやすいだろう。飛鳥ちゃんも小説書いたりしないのかな。

追記

視線ひとつで恋に落ちるとは思ってもみなかった。どうしようもなく惹かれている自分を止められない。」宮田愛萌「羨望」が含まれた、短編小説集「最低な出会い、最高の恋」は3月29日からAmazonKindleおよび楽天Koboストアにて配信が開始されました。価格は324円(税込)となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました