「皆さんがいるから私達がいて皆さんがいるからここまでこれました」高本彩花が熱い想いを語ったブログを更新

12月15日高本彩花がブログを更新し熱い想いを語った。

高本は「3日間、大変なスケジュールだったけどとにかく楽しくて、心から楽しいなって思えるライブが出来ました もちろん、間違えたところとか、反省しなくちゃいけないところも沢山あります でも、武道館に来てくださった皆さんが作ってくれた最高の景色を見ながら 皆さんと一緒に作るライブって本当に楽しいなって改めて感じました」とファンへの感謝の気持ちも込めつつ、ひらがなくりすますについての想いを語った。

「ひらがなけやきは、今年の初めにも武道館で3Daysをやらせて頂きました このひらがなくりすますの前にもそのことをすごく思い出したんです あの頃は、本当に必死で不安で武道館に3日間も立てる人間じゃないのにとか考えてしまって そんな中でも、最高のライブを届けるために必死になっていたのを覚えています」と同じ武道館3daysだった1月末からの公演について触れながら、「でも、今は武道館に立つ恐怖を感じなくなるほどこの1年でたくさん成長出来たしひらがなけやきが大きくなれたんだなってとてもとても感じました 1月の武道館からひらがなけやきというものは物凄いスピードで坂を駆け上っていきました 冠番組が決まり、舞台あゆみだったり、そして単独アルバムの発売、それを記念した東名阪ツアー、たくさんのイベントへの出演 個人でのお仕事も沢山増えました 私は夢だったランウェイを歩くことが出来たり 本当に本当に私が入った頃からは考えられないくらい恵まれた環境に今います。」と飛躍の1年になった2018年を振り返った。

この飛躍の1年について、「それはやっぱり皆さんの応援のおかげです 皆さんがいるから私達がいて 皆さんがいるからここまでこれました この3日間、本当に楽しくて仕方がなかった そう思えたのってこの1年本当に充実していたからだと思います」とファンへの感謝をつづった。

そして「あのね、今はねすごく寂しい気持ちなんです」と切り出すと、「ライブ凄く好きなんです ライブっていう、たくさんの方と一緒に作りあげるものが大好きなんです これからもライブが沢山したいし ひらがなけやきのいい所はライブに来ると幸せになれることって言って貰えるくらいになるのが私の夢です 最終日の最後の最後で みんなでマイクを通さずにありがとうございましたって言った時涙が止まりませんでした 幸せで、いつまでもこの感情を忘れたくないなって いつまでもこうしてライブがしたいと ひらがなけやきのメンバー全員でこれからもどんなことも乗り越えていきたいなって みんなのことが大好きだって たくさんの感情がブワーーーってきました」と熱い気持ちを率直に述べた。

最後には「ひらがなけやきって最高です みんな可愛いし、心優しい子ばかりだし 熱い気持ちを持った子がたくさんいるし 本当に大好きです これからも大好きなみんなで そして新しくひらがなけやきに来てくれたひなのちゃん、そして今はお休み中のかげ みんなで、もっともっと大きくなりたいです 実はブログを書いている今ライブのことと、みんなのことを思い出して涙が出てきました 本当にひらがなくりすます20183日間楽しかったです 終わってからこんなにも楽しかったなって思えるライブって初めてです 見に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました」と読んでいるこっちも泣けてくるような文章でブログを終えた。

誤字が多かった今回の高本のブログ。ライブのときの熱を持ったまま、勢いに任せてガンガン書いたんだろうなと想像がついた。漢字欅の代わりに武道館3daysを行ったのが今年のことのようには思えないほどひらがなにとって濃い1年だった2018年。2019年もこの想いのまま坂道をのぼり続けていくひらがなけやきは、いったいどこまで行くことができるのだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました