「もうスターになる要素しかない」放送作家・どきどきキャンプ佐藤満春さん、日向坂46富田鈴花を絶賛【ON8+1】

4月23日に放送された、bayfm78「ON8+1」内ミニコーナーでサトミツこと佐藤満春さんが日向坂46の富田鈴花を絶賛。「もうスターになる要素しかない」「タレントとして超一流だなと思います」などと語った。

佐藤満春
今週は富田鈴花さんでございます。
『空にかかる七色のキャラクター』というキャッチフレーズをつけさせていただきました。

二期生。
2001年生まれ18歳神奈川県出身。
富田鈴花さんは僕はもう大注目してるんですけども、この人は断言しておきますけども、僕みたいな日向坂46を勉強してたかだか数日じゃないですか?
数日の男が断言させていただくならば、もうスターになる要素しかないと

何が凄いかってもちろんアイドルとしての歌とかダンスの実力もありながらですけども、やっぱり特筆すべきはバラエティー対応力じゃないでしょうか。
ギャグも行けるモノマネも行けるトークも行けると。
で、何しろ色んなキャラクターに果敢にトライしていくメンタルと勢い。
これはね、ちょっと他の人と比べるのはあれだけどもズバ抜けてるなって思いますね

なんかいわゆるキャラ渋滞と言われたりする。
まぁパリピキャラだラッパーだモノマネ王だ高速道路マニアだとか言われるんですけど、実はそれってみんなにツッコまれる余白を作ってるんですよ。
バラエティー番組の構造で言うとね、MCだってそんなのツッコみやすいに決まってるじゃないですか。
これはね、その余白作れるってのはもうタレントとして超一流だなと思います。
で、しかもこれははみ出てると思いますけど、凄く真面目じゃないですか。
真面目で、それでいて自分のそういうビビる一面と戦いながら臆すること無くガンガン行く。

で、その行くのが全体のバランスと調和を見ながら。
テレビ番組とかではね、バランスを見ながら行けるところ行くっていうスタンスだから。
なんでもかんでも入り込んでいってワーっとするタイプではないです。
やっぱり自分がここ行けるなと思うタイミングの勘が凄いなと思って。
で、これちょっと放送作家的な目線になるかもしれないんですけど、注目してほしいのはこの子が凄いのはテレビ番組に出た時のコメントのテロップ率が高いんですよ。

さっきもモニタリングの話しましたけど、わーっと多めに収録して編集をするでしょ?
で、コメントが残る。
その中の残ったコメントの中でも印象的なコメントにテロップをつけるわけですよ。
こういうこと言って欲しかったですよとか、このコメント面白かったですよにテロップ載せるんだけど、まぁ~載るね。あの子は。
なんかガヤでパーッと出たコメントでサッと見たのを誰言ったかな?って確認したら富田さんだったりすることが多い。
これはもうTVスターだし、今のアイドルに必要な要素持ってんな~って言う

だから僕はもう数少ないですよ、富田さんとご一緒したのは。
バンジーと駅伝のロケだけか。
だけど、バッと皆さんを見渡した時に一番こういう集中してるのは富田さんだったりするから。
だから多分この子いつ振っても何か答えてくれるなっていう感じ。
で、俯瞰で見てバランスも取れてるからバランサーの役割もある。

分からないけど本人は純粋な女の子女の子したアイドルになりたかったりするかもしれないけど。
わかんないよ、これは。
だけど逆説的な話で、彼女がそういうちゃんと場を盛り上げるキャラとか、色んなものを深掘りすればするほど版画の理論で彼女が一番持ってるアイドルらしい側面が浮き上がるみたいなことなんだなと思って。
この子は凄いなと思いましたね。
素晴らしい逸材、人材なんじゃないかなと思います。

このラジオを受けパリピちゃんはブログを更新

サトミツラジオの紹介もそこそこに、「なんかもう、小説の主人公のようなくらい掘り下げてくださっていて、1つ1つの言葉が胸に刺さりました、凄く嬉しかったです。人に褒められるって幸せになりますね…。」と喜びを綴った。

いや、でも私叱られるとスネるけど、褒められるとこれでいいやって満足しちゃう性格なんですよね(・□・;)」と自身の性格について明かすと、「ひらがな推しが始まってから、バラエティの頑張り方?というか価値観がすごく変わりました。」と冠番組の影響の大きさについて触れた。

その後も「果敢に食いつく精神が大切!!!」とバラエティーで頑張っていく宣言。褒められると満足しちゃう性格と言いながらもすごく喜んでいる感じが滲み出ていて、これからも頑張っていく決意表明みたいなものが見えていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました