欅坂46渡辺梨加推し・渋井直人を演じた光石研さん、第15回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞【デザイナー渋井直人の休日】

©デザイナー渋井直人の休日 ©テレビ東京

4月25日、エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』(オリコン)が主催する、第15回コンフィデンスアワード・ドラマ賞の各賞の結果が発表され、主演男優賞を光石研さんが受賞したことがわかった。光石さんはテレビ東京系にて放送された『デザイナー渋井直人の休日』初の連ドラ単独主演を果たしていた。

同ドラマで光石さんが演じたのは、仕事もプライベートも円熟期を迎えた独身のデザイナー・渋井直人。デザイナーの仕事も順調なら、プライベートもお洒落なレトロショップを散策したり、顔なじみのカフェで落ち着いた時間を過ごしたりと充実そのもの。

ただ、恋愛はもう一歩押しにかけるというか、なかなかうまくいかないことも多く、劇中では様々な年齢・境遇の女性たちとの歯がゆい時間を過ごしていた。そんな渋井さんはテレビで『アンビバレント』のMVを見たことから欅坂46に興味を持ち、そのままぺーちゃんこと渡辺梨加推しに。わずかな時間ではあったが本人との邂逅も果たしていた。

光石さんは「主演男優賞をいただけたのも共演者、スタッフ、全員で力を合わせて結果だと思っています。俳優生活40年にして初の連続ドラマ単独主演となりましたが、気負っても良いことはないので、いつも通り普通に演じ、とにかく皆で楽しくドラマを作ろうという気持ちでした」 などと喜びを語っている。

ぺーちゃん推しの渋井さん

コメント

タイトルとURLをコピーしました