オテンキのりさん、赤ふんどし姿で令和最初のギャグを披露。日向坂46加藤史帆と共に公開録音を盛り上げる。そして菅井友香のPNが「元祖がんばりき」に決定【レコメン!】

欅坂46

4月30日22時から放送された文化放送「レコメン!」に日向坂46加藤史帆とオテンキのりさんが出演。のりさんは令和改元を祝して一発ギャグを披露し、公開録音を盛り上げた。

のりさんはお祝い事とあって、赤ふんどし姿で公開録音のために集まったファンの前に登場。新元号一発目として肘ギャグシリーズを披露。のりさんが「すごくおもしろい肘ギャグシリーズから」と話すと、ファンは「おおー!」とすでに場はだいぶあったまっている様子。

一発目は絢香×コブクロの「WINDING ROAD」をもじった「曲がりきった肘の先で、押してみる、ほぐれてる、疲れが取れる」「ただこうして押しただけで、少しずつ、むくみも取れる、こっちは苦手」にはファンもさらに大盛り上がり。文字で書き起こしてもなかなか伝わらなさそうなので、実際に5月1日に日付が変わったところから聴いてもらえれば幸いだ。

さらにのりさんの肘ギャグシリーズは留まるところを知らない。「曲がる曲がるよ肘曲がる」(時代、中島みゆき)や「曲がる曲がる見てごーらん」(LA・LA・LA LOVE SONG、久保田利伸)といった名曲カバーギャグを披露。声だけではなく、赤ふん姿でのパフォーマンスを見てみたいところだったが、こればっかりはどうしようもない。公式Twitterで公開されている写真を見てほしい。

最後には「肘曲がりまーす」から富士サファリパークの替え歌をファンの皆さんと合唱した。スタジオに戻ってきたのりさんは「なんで肘のギャグばっかり押したんだろう」と冷静に反省。しかし、勢いの止まらないのりさんは、ふんどし姿でアイドルとスタジオで向かい合っている状況に注意しながらも「帽子をかけよう、どこにかけようヒザハット!」と膝ギャグも披露した。

そのあとには約束通り送られてきた、菅井友香こと、PN元祖がんばりきのお便りも紹介。ゆかのすけは「公開生放送本当に聴いてます。がんばりきです」とエールを送った。その後は流れで加藤が「としちゃん、令和もがんばりき!」と宣言。これにはこれまでで一番大きい歓声が飛んでいた。

加藤史帆「特に松平璃子ちゃんという子は本当に変人だなーという印象でしたねー」

コメント

タイトルとURLをコピーしました