乃木坂46、欅坂46、日向坂46運営委員会、オフィシャルサイトにてストーカー行為などを行う迷惑ファンに対する警告メッセージを公開

5月10日、乃木坂46を運営する乃木坂46合同会社、欅坂46、日向坂46を運営するSeed&Flower合同会社は合同で「迷惑ファン」に対する警告文を公開した。

3グループは合同で「【お知らせ】ファンの皆さまへのお願い」と題した記事を公開。以前にも警告文が公開されたことはあったが、改善が見られないとして再度の公開に至った。

公開された警告文によると「一部のファンの方による、メンバーやそのご家族の居住エリアでのストーカー行為など、メンバーのプライバシーを著しく侵害する行為が確認されております。」とストーカー行為が行われているとのこと。

このような行為を実行する方はごく一部に限られており、大多数のファンの皆さまからは節度ある応援を頂いておりますが」としつつも、「これら一部の方の目に余る行為により、警戒を強化せざるを得ない事態です。

運営会社は、これらの迷惑行為が発覚した場合「ただちに警察へ通報いたしますとともに、以降の全ての活動への参加をお断りいたします。」と警告している。

NGTの暴行事件でメンバーとファンのつながりが問題になったのも記憶に新しい。運営サイドは「くれぐれもこれらの行為はおやめいただきますよう、お願い申し上げます」と呼びかけている。

タイトルとURLをコピーしました