【響-HIBIKI-】『キネマ旬報ベスト・テン』の読者賞の投票受付が開始【小ネタ】

12月17日、キネマ旬報の公式サイトが更新され、毎年恒例となっている『キネマ旬報ベスト・テン』の読者賞の投票受付を開始したことを発表した。

「キネマ旬報」は、1919年7月に創刊された歴史ある映画雑誌。「キネマ旬報」では年末に編集部が選んだ日本/外国映画ベスト・テンが発表されるが、それに並列して、読者選出日本/外国映画ベスト・テンも掲載される。選出対象は2018年1月1日から2018年12月31日までの公開作品となっている。

投票には、12月5日発売『キネマ旬報 12月下旬特別号』か12月20日発売『キネマ旬報 1月上旬特別号』に付いている投票ハガキが必要。投票締め切りは2019年1月7日(月)となる。対象は作品(監督)であり、俳優/女優は対象ではないが、欅坂46・平手友梨奈の主演映画『響-HIBIKI-』が対象作品に含まれている。『響-HIBIKI-』のランクインはなるだろうか?

『2018年 第92回 キネマ旬報ベスト・テン』は2019年2月4日午前10時に発表予定。詳細は2月5日発売『キネマ旬報 2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号』に掲載される。表彰式は2019年2月10日(日)の予定だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました