アニラに参戦したオテンキのりさん、ダンスがキレッキレだった小林由依をライバル視していると菅井友香に語る【レコメン!】

5月13日深夜に放送された文化放送「レコメン!」に菅井友香がレギュラー出演した。

アニラ2日目にオテンキのりさんも参戦。ただ、駐車場が見つからず遅刻してしまったことを話すと、ゆかのすけは「それ見れたって言わない」と不満げ。

そんなゆかのすけにのりさんは「厳しい目を持ってる」と語るダンスで小林由依のダンスをキレッキレだったと評価。「俺のライバル」とライバル宣言していた。

オテンキのり×菅井友香

のり「日本武道館お疲れ様でございました」

菅井「いえいえ、ありがとうございました」

のり「あたくし、オテンキのりも2日目に」

菅井「ほんと来てくださって。しかもスタッフさんもたくさん来てくださって、お花もありがとうございました」

のり「行かせていただきました。感動しましたよ、本当に」

菅井「2日目にね来てくださって」

のり「そうです」

菅井「のりさん見つけたかったんですけど、なんか、絶対わかりやすいと思ったのに」

のり「なにが?」

菅井「(笑)やっぱ、フォルムが…」

のり「そうですね」

菅井「ちょっと見えなかったのがショックでした」

のり「あの~実はね、僕もちょっとびっくりしたのが、車で出かけたときに駐車場探してたの日本武道館の近くの。そしたら気が付いたら高速道路に乗ってしまって」

菅井「え!?」

のり「青山のほうに行ってしまうっていう」

菅井「ええ~!?」

のり「ハプニングが起きましてね」

菅井「ええ~そんな~大丈夫だったんですか?」

のり「で、まぁあの…1曲目、2曲目ぐらいに到着して見れたんですよ」

菅井「え~それ見れたって言わない(笑)」

のり「(笑)」

菅井「最初っからじゃないと!」

のり「いやびっくりしました。俺もびっくりした。だってもう日本武道館の周りを一周クルッと回ってて。わざわざ青山のほうに行っちゃうなんてなかなかないですよ」

菅井「ええ~そんな、だって最初にこの『危なっかしい計画』今流していただいてるやつやって、それ大阪から続いてるんですよ。大阪でも2日間(原文ママ)アニバーサリーライブさせていただいて。それがあっての今回の武道館なので」

のり「俺も高速道路で迷った瞬間『僕は嫌だ!』って、しょうがないよね、乗っちゃったもんだから『僕は嫌だ!』つったって乗っちゃうしかないでしょ」

菅井「気持ちは『不協和音』で」

のり「で、急いで降りてね。向かわしてもらって、2曲目から見さしてもらいましたけど」

菅井「いや、でもありがとうございます」

のり「いや~もう素晴らしかったです!マジで」

菅井「本当ですか?」

のり「感動しましたよ」

菅井「ありがとう…どの辺が?」

のり「あの~いっぱいありますよ。小林由依ちゃんのあのキレッキレのダンスを見て俺、すごいね~小林由依ちゃん小っちゃいじゃないですか」

菅井「細いですね、すごい」

※小林由依の身長は162cm

のり「すごいキレッキレなダンス、俺に伝わってくるんですよ」

菅井「本当に」

のり「俺もダンスとしては厳しい目持ってるから」

菅井「!?」

のり「自分踊れないよ?自分は踊れないけど、ダンスに関しては俺うるさいのよ」

菅井「そんな(笑)初めて聞きましたけど」

のり「LL BROTHERSから始まって」

菅井「LL BROTHERS…?」

のり「LL BROTHERSから始まって、ダンス甲子園とか見てたから」

菅井「へぇ~そういうのある…」

のり「ありますから」

菅井「すごいですね」

のり「だから『いまきた加藤』とかね。『元気が出るテレビ!!』で見たダンス甲子園の」

菅井「え、ごめんなさい。わかんない」

※『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』は1985年から1996年まで放送。

のり「『れいかん・やまかん・とんちんかん』は?」

菅井「わかんないです」

のり「知らないの!?」

菅井「そういうの疎いかもしれない」

のり「あの辺から、誰もわかんない?」

菅井「スタッフさんは思いっきり…」

のり「『霊感ヤマカン第六感』、あと『メロリンQ』とかもありましたね。『千代の富士脱Q』とかね。ダンスに触れるの早かったんですよ。その僕から見ても『小林由依ちゃんちょっとあれ!?』っていう」

※『霊感ヤマカン第六感』は1974年から1984年まで放送されたクイズ番組。「れいかん・やまかん・とんちんかん」の元ネタ。

※『メロリンQ』は現在政治家として活躍中の山本太郎が「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」 のコーナー「ダンス甲子園」で行っていた瞬発力抜群の一発芸。

※『千代の富士脱Q』は『メロリンQ』の別バージョン。

菅井「本当に」

のり「俺のライバル。俺は踊らないけどね」

菅井「勝手にライバル視してる」

のり「もし俺がダンサーとしてやってたら、ライバルになってたなくらいの感動を、ダンスで感動させていただいたなってのもありますし、ゆかのすけさんのMCも感動しましたよ」

菅井「絶対違う…2日目ですよね」

以下アニラの話を延々と…

※世代的に全然わからないので間違っていたらごめんなさい。

3日目のMCを葉加瀬マイさんが絶賛

コメント

タイトルとURLをコピーしました