欅共和国2019の開催が決定。今年は欅坂46単独での開催

これまで欅坂46とけやき坂46(当時)の合同ライブとして開催されてきた「欅共和国2019」の実施が、今年も決定。富士急ハイランド・コニファーフォレストにて3Daysの開催となる。

改名した日向坂46の参加や「欅共和国」の改名にも注目が集まっていたが、欅坂46単独での開催となった。

今年はSHOWROOM等ではなく、公式サイトにてぬるっと発表された。「欅共和国2017」が7月22日・23日の2Days、「欅共和国2018」が7月20日・21日・22日の3Daysの開催であり、今年は過去2年より前倒しての開催となる。

これにはいくつか理由が考えられるが、「8枚目の活動期間で卒業する長濱ねるのラストステージとして出演できるようにするため」「全ツ開催までのインターバルを長く設けるため」「ツアーの各公演のインターバルをできるだけ長くするため」などはありえそうだ。

卒業発表をしている長濱ねるの参加はあるのか。休業中の原田葵の復帰はあるのか。 「危なっかしい計画」 「アンビバレント」のように新曲は披露されるのか。ニューシングルやニューアルバムの発表があるのかなど目が離せない。

欅共和国2019

<公演情報>
欅共和国2019
出演:欅坂46

2019年7月5日(金)
開場 15:30 / 開演 17:00
2019年7月6日(土)
開場 15:30 / 開演 17:00
2019年7月7日(日)
開場 15:30 / 開演 17:00

会場:富士急ハイランド・コニファーフォレスト

【料金】
指定席 7,800円(税込)
親子席 7,800円(税込)

※雨天決行・荒天中止

ファンクラブ先行受付は5/31(金)12:00〜6/3(月)23:59まで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました