日向坂46松田好花、『JOYFUL LOVE』に感情移入して思わず涙【SHOWROOM】

日向坂46の松田好花が6月1日18時過ぎからSHOWROOM個人配信を実施した。

ギターが得意な松田は配信にギターを持ち込み弾き語りを披露。

配信の後半には『JOYFUL LOVE』の弾き語りを行ったが、歌詞の「誰も生きてれば嫌なこととか 傷つくこといくつもあるよ」に感情移入して思わず感極まる場面があった。

松田好花 SHOWROOM 2019.06.01

松田「ダメだ私歌えないやっぱり」

SHOWROOMより

「なんでだろう、ごめんなさい。私『JOYFUL LOVE』ギターで弾いたら無理だ。ダメでした諦めます。良い曲ですよね。なんかわかんない、なんでだろう」

SHOWROOMより

「すごい悲しいSHOWROOMになってきた。どうしよう。ダメでした。私『JOYFUL LOVE』恐怖症になっちゃう」

「泣けるよね。めっちゃいい歌だよね。わかんない、なんで泣けるんだろう。なんかすごい…なんだろうな。でも歌詞を見るとすごい…なんだろう。なんで泣けるんだろう。ごめんなさい」

SHOWROOMより

「泣けるよね。『誰も生きてれば嫌なこととか 傷つくこといくつもあるよ』っていうところがすごいなんだろう…良い曲これ聴いて帰ろう今日。ごめんなさい。これは私はもう披露できません。泣かずには披露できないなこれ」

「もうねコメントが読めない私。涙でにじんで。心を落ち着けました。SHOWROOMで泣くとか信じられないな、ごめんなさい本当に。なんて言い曲なんだろう」

SHOWROOMより

「トイレットペーパーが来た(笑)トイレットペーパーでふきます。トイレットペーパー好花です。ダメだ『JOYFUL LOVE』ってなんでこんないい曲なんだろう。『JOYFUL LOVE』ってホントにいいですよね。『JOYFUL LOVE』ってホントに好き」

コメント

タイトルとURLをコピーしました