日向坂46小坂菜緒、映画初出演&初主演!サイコサスペンス映画「恐怖人形」で女子大生役を演じる

小坂菜青

6月3日、日向坂46の小坂菜緒がサイコサスペンス映画「恐怖人形」で映画初出演&初主演を務めることが発表された。同映画は今年の秋に公開される予定となっている。

「恐怖人形」は過去の怨念に引き寄せられた日本人形が巨大化し、次々と残虐な殺人を繰り返していくというサスペンス作品。過去に『gift』、『エコーズ』を手掛けた宮岡太郎監督が製作を担当する。

小坂が演じるのは女子大生・平井由梨。ストーリーは、ある日差出人不明の怪しいパーティー案内状が届き、萩原利久演じる幼なじみの中川真人と一緒に軽い気持ちで参加。2人は同世代の男女5人と中年男性1人と一緒に、引き返すことのできないパーティーに参加させられることになる、というものだ。

小坂は「いつか映画のお仕事をしてみたいと思っていたので、本当に嬉しかったです。」とコメントを発表。初の映画主演に対する喜びを語っている。

小坂菜緒コメント全文

今回、初の映画作品で主演を務めさせていただきました。いつか映画のお仕事をしてみたいと思っていたので、本当に嬉しかったです。

まだまだ力不足な私を、共演者の皆さんや、宮岡監督をはじめとするスタッフの皆さんに支えていただき、無事撮影を終えることが出来ました。

多くの方々に観ていただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました