本日発売週刊プレイボーイ24号に日向坂46ストーリーが掲載。『Re:Mind』に2期生から1人だけで参加した渡邉美穂の物語

週刊プレイボーイ24号(画像提供:集英社)

本日6月3日に発売された「週刊プレイボーイ24号」に日向坂46ストーリーが掲載。同号では『Re:Mind』に2期生から1人だけで参加した渡邉美穂の物語を追いかける。

「逃げたい」とつづった日々

長濱ねるの漢字欅専任により、1人不足することになったけやき坂46主演ドラマ『Re:Mind』。急遽オーディションを開催し、2期生から1人がドラマに参加することになった。そこで選ばれたのが渡邉美穂だった。

第21話では『Re:Mind』に参加した渡邉美穂の苦悩と、彼女がけやき坂46に入るまでの詳細な経緯が描かれる。

Re:Mind

「Re:Mind」はけやき坂46主演ドラマとして2017年10月19日に放送開始。全12話が放送された。

ストーリー
高校のクラスメイト達は、目が覚めると大きなテーブルを囲んで座っていた。
突如閉じ込められた少女たちの目の前には異様な光景が飛び込んでくる。
そして、少女たちには逃げ出すことのできない理由があった……。
恐怖と混乱が押し寄せる中、なぜこの場所に集められ、このような状況にあるのか。
原因や脱出する方法を必死に思い出す少女たち。
少女たちを閉じ込めたのはいったい誰なのか、果たしてその目的とは? 

同連載はキュン収録「けやき坂46ストーリー ~ひなたのほうへ~」の原作に採用

コメント

タイトルとURLをコピーしました