欅坂46『不協和音』海を渡る。香港大規模デモ勃発により、主要メンバーアグネス・チョウ(周庭)さんのインタビューが話題に

犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯条例」改正案をめぐり、香港では大規模デモが勃発。6月9日には1997年のイギリスからの返還後最多となる103万人が参加する事態となっている。警官隊とデモ隊が衝突するなど事態は深刻化し、解決の糸口は見つかっていない。

そんな中、香港の政治団体「香港衆志(デモシスト)」に所属するアグネス・チョウ(周庭)さんが来日し、記者会見を開いた。香港のデモの実情を訴え、国際的な理解を求めたいという意向だろう。

警察に拘束された時に『不協和音』を歌って

会見を流暢な日本語で行っていたような日本文化にも造詣が深いという周庭さん。今年1月のインタビューでは日本滞在について尋ねられると、欅坂46について言及していた。

香港のカラオケでは日本の歌が少ないので日本では必ずカラオケに行ってます。J-POPをよく歌います。欅坂46が好きです。彼女たちの歌には社会性や叛逆性があるように思います。「不協和音」という歌が特に好きで、「僕はyes と言わない 首を縦に振らない まわりの誰もが頷いたとしても 僕はyes と言わない 絶対 沈黙しない 最後の最後まで抵抗し続ける」という歌詞にすごく共感し、自分たち(香港の若者)のことのように勝手に感じています。昨年(習近平の香港訪問の際の抗議行動で)警察に30時間拘束されたときも拘置所でこの歌を歌っていました。今年の大晦日、紅白歌合戦をみましたが、センターの平手友梨奈さんが怪我で出ておらず、とても心配してます。

WEDGE Infinity

(ソニー台湾が公開した『不協和音』のミュージックビデオ)

混乱が続いている香港。警官隊は催涙弾や放水、鎮圧用のゴム弾の銃を使って実力行使に出ているが、デモ隊の数の多さから有効な手立てとはなっていないようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました