タイの欅坂46ファン有志、首都バンコクの駅に平手友梨奈の広告を掲載

6月16日、タイ在住の欅坂46ファン有志が、平手友梨奈の広告を鉄道の駅に掲載。6月25日の平手の誕生日を祝う内容の広告が話題となっている。

広告は6月25日の平手の誕生日に向けて、6月15日から掲出を開始。7月15日まで一ヶ月に渡って掲載される。広告が張り出されたのは、バンコク中心地で交通機関の乗降客も多いアソーク地区にあるMRT「Sukhumvit」駅だ。

グーグルマップより

タイの首都バンコク・アソーク地区は、オフィスビルが立ち並ぶと共に、大型商業施設やホテル、飲食店、多数のショップが軒を連ねる一大商業エリアとのこと。日本でいえば、東京・新宿のような場所だろう。

首都の歓楽街の駅ということで、広告掲載費は相当高額であることが予想されるが、ファン有志は募金をつのり広告掲載を実現。さらにタイのファンは「HBDTechiThaifans」(誕生日おめでとうてち。タイのファンより)とのハッシュタグをつけて、てち18歳の誕生日を祝福している。まだ掲出が始まって1日だが、タイのファンの間では相当話題になっているようだ。

日本だと雑誌掲載画像など、権利関係がかなりめんどくさそう。ただ生誕祭のグッズなど商用でなければ許可が下りているケースもある。欅坂46運営委員会が用意した画像を利用した広告なら、日本でも掲出が可能かもしれない。

中国のファンはアルパカ献花を送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました