齋藤冬優花&佐藤詩織が、アニラの舞台裏を語るインタビューがWeb初公開。影絵パフォーマンスについて語る平手友梨奈の言葉も

6月28日、ENTAME nextが更新され、『月刊エンタメ』7月号に掲載された齋藤冬優花と佐藤詩織のインタビュー記事が公開された。2人はアニラ(主に武道館公演)の舞台裏について明かしている。

「アイドルだってこんなことができるんだ」

欅坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVEでの影絵パフォーマンス(撮影:上山陽介)

齋藤はリハーサル時、影絵パフォーマンスに臨むメンバーに平手が掛けた言葉を紹介している。「影絵で全身を使ったパフォーマンスをやることで、アイドルだってこんなことができるんだってことを私は証明したい。」その言葉が、完成度の高い作品を作りあげたいというメンバーの気持ちをさらに押し上げたようだ。

卒業を発表しているねるへの想いが語られた後には、「実は今まで作ってきた21人のフォーメーションじゃなくて、全曲を今いる全員でやるという話も上がっていたんですけど」という案が上がっていたことを明かした。しかし最初の人数がいいという意見があったため、これは却下されたという。

関有美子&松田里奈のインタビューも公開されました

コメント

タイトルとURLをコピーしました