平手友梨奈、7/9発売『Casa BRUTUS』8月号表紙&巻頭特集「アートを巡る夏の旅。」に登場。本誌未発表カットが公開

7月9日に発売される『Casa BRUTUS』8月号表紙&巻頭特集「アートを巡る夏の旅。」に欅坂46平手友梨奈が登場することがわかった。

「アートを巡る夏の旅。」にて、アートの島・香川県直島に上陸

『Casa BRUTUS』8月号(画像提供:マガジンハウス)

白のシースルーのワンピースに身を包んだ平手はアートの島として知られる直島に上陸。表紙では草間彌生の作品と”共演”しているほか、24ページにわたる特集で数々のアート作品を巡る旅に出る。

特集では直島に加え、豊島、小豆島、女木島の4島を旅した平手。「〈地中の庭〉が一番好きだったかもしれない」とのことだが、草間彌生の「赤かぼちゃ」、クロード・モネの「睡蓮」〈地中の庭〉、The Naoshima Plan 2019「水」などを巡ってどんな感想を抱いたのだろうか?

平手友梨奈コメント全文

美術館はもともと好きなんです。みんな作品に集中して人と人が干渉し合わない場所だから。
ただ、瀬戸内のアートのようなものに触れるのは初めてだったので、何もかもが新鮮でした。
フェリーで島々を渡っていくのはアトラクションみたいな感じだったし(笑)。
今回、巡った中では〈地中美術館〉にある〈地中の庭〉が一番好きだったかもしれない。
直島の「水」という作品も風が気持ちよくて居心地が良かったです。
何よりたくさんのアート作品に触れられたのは嬉しかったです。
今回の旅を通してインスピレーションがまたいろいろ湧いてきたらいいなぁと思いました。

誌面の一部が公式Twitterにて公開中

撮影は神藤剛さん

本誌未発表カットが公開されています

コメント

タイトルとURLをコピーしました