本日7/8発売『週刊プレイボーイ』に「日向坂46ストーリー」が掲載。柿崎芽実と2期生、丹生明里のエピソードを紹介

週プレNo.29(画像提供:集英社)

本日7月8日に発売される『週刊プレイボーイ』29号に「日向坂46ストーリー」が掲載。好評連載中の同記事では舞台「あゆみ」の裏側に迫る内容となっている。今回のヒロインは丹生明里。さらに柿崎芽実と2期生のエピソードも紹介されるという。

舞台「あゆみ」は2018年4月20日~5月6日に渡って公演が行われた、けやき坂46(当時)が主演の舞台。同舞台にはメンバー全員が出演。メンバーは2つのチームに分かれ、舞台「あゆみ」に挑んだ。

舞台「あゆみ」は「キャストは全員1人を演じる」、「短いセリフをつなぎ合わせる」、「キャスト全員がずっと舞台上にいる」、「セットも小道具も1つだけ」、「ストーリーらしいストーリーはない」という一風変わった舞台だっただけに、メンバーも苦労したことを当時ブログで語っていた。今まで語られてこなかった舞台裏が前後編のボリュームで初めて語られることになる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました