朝の情報番組にて、「欅共和国2019」の映像が解禁。関係者席に笑顔&直線で放水する平手友梨奈の姿も

7月7日、欅坂46の夏の風物詩「欅共和国2019」が千秋楽を迎えた。

それに伴い朝の情報番組でもライブの模様が解禁。『サイレントマジョリティー』などの楽曲のステージパフォーマンスが放送されたほか、数々の演出も紹介された。加えて時間を割いて紹介されたのは、メンバーの放水シーンだ。

©フジテレビ
©フジテレビ
©フジテレビ

番組では約210トンもの水が放水に使用されたことを紹介。その際、多くのメンバーはホースを上に向け放水を実施。重さや勢いもあるのかもしれないが、とくにぺーちゃんはかなり上向きに放水しており、シャワーのようになっているのがわかる。

©フジテレビ

しかし、てちは笑顔で直線の放水を敢行。さらに右手にある関係者席に向かって身を乗り出して放水を行っている様子がばっちり映し出されていた。関係者席はテントになっており、一般の客席と比べればかなり濡れにくいため、てちが濡らしてやろうと思ったのかもしれない。

©フジテレビ

関係者席だけではなく、近くの観客に向かっても放水を実施。もはや狙い撃ちのようになっており、ほかのメンバーに比べてかなり角度がえぐいことがわかる。

平手友梨奈、欅共和国2018での放水について語る

去年の欅共和国でもてちの放水は話題になっていた。そのときのてちの説明が以下の通りだ。

[su_quote cite=”GIRL LOCKS!”]平手「そう、あと放水?放水は…なんかネットでまとめられてるって聞いたんです、私の放水がえげつなかったって(笑)でもあれはちゃんと理由があって、メンバーは普通に放水を山なりにして遠くのお客さんに向かってかけてたんですけど、よく見ると手前の人たちがワ~って手を振ってたから、そういえば手前の人たちあんまり水かかってないなぁ…って思って。一応礼儀として一歩後ろに引いて放水しました、前の人たちに(笑)痛かった人はすみません。でもしょうがないじゃん(笑)五ヶ条で出したし!! だからね、まぁ…来年も富士急のライブは楽しみというか、楽しいライブにしたいと思っているので、よかったらぜひ楽しみにしていて下さい!」[/su_quote]

一応礼儀として一歩後ろに引いて放水しました」と語っているように、去年は一歩下がっての放水を実施。しかし今年は櫓に体を付けるようにして放水しており、本気(?)だったことがわかる。でもファン喜んでたし。いいんじゃないでしょうか。

(Twitterかコメント欄にコメントいただければ削除いたしますので、嫌な方はご連絡ください)

コメント

タイトルとURLをコピーしました