放送作家・どきどきキャンプ佐藤満春さん、「令和の奇跡ミラクルガール上村ひなの」について語る

8月13日21時から放送された、bayfm78「ON8+1」に佐藤満春さんが出演。日向坂46のメンバーを取り上げて紹介する「佐藤満春の日向でポカポカキュン」では3期生の上村ひなのを絶賛した。

サトミツさんは上村を「令和の奇跡」「天才」などと絶賛。推しメンであることを公言しているが、それだけではなく「ケタ違いの存在感」をとても高く評価しているようだった。

「なんていうか不思議な魅力がある人で。自分の世界観を持って自分で立って入ってきたんですよ、もうすでに。」とまだ中学生&多人数のグループでありながら、自分のペースを貫いていることを熱く語っていた。

佐藤満春の日向でポカポカキュン

佐藤「今週ピックアップする方はこちら!令和の奇跡ミラクルガール上村ひなの!」

「上村さんの話をする日が来るとは、と思いますけども。あの、上村ひなのさんは唯一3期生。一人だけいる3期生ですね。上村さんの話は語り出すとそうですね、日が暮れてしまう…明日の日が暮れてしまうので(笑)一回夜が明けてね(笑)短めにギュギュッとまとめたいと思うんですけど」

「何がすごいかって思ったのが、やっぱりケタ違いの存在感だなと。で、ご自身でね変化球だっておっしゃっられていますけど、これ実は変化球どころの騒ぎじゃないんですよ。この上村さんは」

「なんていうか不思議な魅力がある人で。自分の世界観を持って自分で立って入ってきたんですよ、もうすでに。自分の足で立ってる。で、真芯でとらえてる、腰座っちゃってる、腰入っちゃってる。自分らしさを自覚してる」

「これいろんな表現をバーッと並べましたけど、現象としてそれがはっきりそれが見えたタイミングが、『日向坂で会いましょう』っていう番組で(中略)バーベキューのロケがあったんですよ。春日さんに奢って貰おうコーナーがあって。そこで若林くんが指示を出してメンバーの皆さんが指示に従って動いて、春日さんをちょっと驚かせるというかドッキリを仕掛けるみたいな企画があったんですけど。この時に『これは上村ひなのすごいな』と思わせた瞬間があって」

「若林くんが指示をして、上村さんがスーパーにあるカートとかあるじゃないですか?あれを春日さんに当てるっていう指示が入ったんですよ。で、その時に普通にやったら持っていってカートを春日さんに後ろからドンって当てるっていう。それだけやっても正解なんですよ、アイドルですから。違う、上村さんが違ったのは、スーってその持っていく姿も既におもしろいの。持ってって春日に当てた時に、カートの横を真顔でスーって通り抜けたわけですよ。これはね、出来ない」

©日向坂で会いましょう

「普通のアイドルだったら笑っちゃうよ。当てた瞬間に笑っちゃう。あれをスーっと通り抜けるって。あの動き、ムーブ。天才だなと。あれ芸人だったらやりすぎちゃう。強く当てちゃうとか。加減もちょうどいい。だから自分らしさ、上村ひなのらしさを自覚しているとしたらもう世の中の物でしょうね。伝わるでしょう。素晴らしい。この辺にしておきましょう」

「いや~とんでもないな。令和の奇跡。素晴らしいと思います」

「今日はこちらの曲にしましょう。日向坂46で『やさしさが邪魔をする』」

コメント

タイトルとURLをコピーしました