「公式欅坂46生誕祭実行委員」に対して欅坂46運営委員会が声明を発表

12月10日、SNSなどにおいて「欅坂46生誕祭実行委員」を公式と名乗っていたアカウントに対して欅坂46運営委員会が声明を発表した。

「公式」の文言が含まれていたせいか、ファンから多くの問い合わせがあったことを明かしつつ、「欅坂46運営委員会といたしましては、「欅坂46生誕祭実行委員」とは非公式のものであり、ファンの皆様の有志にて成り立っているものと認識しております。」と見解を発表した。

また、「ですので、欅坂46運営委員会から公認・公式の「欅坂46生誕祭実行委員」を任命することはございません。」と公認を与えることはないと断言。当該アカウントのIDなどを直接言及こそしなかったものの、公式の存在を完全に否定した。

この運営委員会の声明を受け、当該アカウントはイベントに行ったことがない事を告白。「在宅です。さようなら」などとツイートし、アカウントを削除している。

欅坂46運営委員会より「生誕委員」に関するお知らせ

いつも欅坂46を応援いただきありがとうございます。

「欅坂46生誕祭実行委員」について多くのお問い合わせをいただきましたので、
欅坂46運営委員会としての見解をお伝えいたします。

欅坂46運営委員会といたしましては、「欅坂46生誕祭実行委員」とは非公式のものであり、
ファンの皆様の有志にて成り立っているものと認識しております。

ですので、欅坂46運営委員会から公認・公式の「欅坂46生誕祭実行委員」を任命することはございません。

個人の方でも欅坂46のメンバーを応援していただいている方は、皆様平等にファンの方であると考えております。

先日開催させていただいた「お見立て会」など、イベント会場への祝い花などをお送りいただく際は会場や運営上の都合で、
お受けできる場合とお断りをさせていただく場合がそれぞれございますので、その都度お問い合わせをいただけますと幸いです。

今後とも欅坂46の応援をよろしくお願い申し上げます。

欅坂46運営委員会

コメント

タイトルとURLをコピーしました