野球雑誌『野球太郎』編集部公式Twitterが『日向坂で会いましょう』野球部回の分析ツイートを投稿し話題に

様々な分析データを掲載している野球雑誌『野球太郎』の公式Twitterが、『日向坂で会いましょう』の野球部回を視聴した結果をツイートし話題になっている。

野球部回では、メンバーは様々な野球のプレーに挑戦。それを見た野球太郎編集部は「やはり加藤史帆さんは守備も投げるのもマジメにやればw 野球センスは一番ですね。」と加藤のセンスを絶賛。

さらに小坂については「小坂菜緒さんはバレーボール経験者なので投げる方はよかった。」としつつ、「高校ではバレーボール部、現名古屋大の投手で左腕から最速148キロの松田亘哲投手がいるように、野球とバレーの相関性を感じます。」と実際の野球選手になぞらえ分析している。

ひな会いでは「門田~!」と右肩を抑えるネタの習得が行われたが、その門田さんは9/9にトークイベントを行うとのこと。「日向坂オタクの方々がこのイベントに行って、門田さん情報を仕入れる必然性を感じる……」と野球だけではなく日向坂46についても詳しい編集部だった。

Twitterの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました