ダブルアンコールでは平手友梨奈がソロ曲『角を曲がる』を披露!「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019」東京ドーム公演千秋楽セットリスト・MCまとめ

本日9月19日、「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019」東京ドーム公演2Daysが千秋楽を迎えた。5都市12公演を数えたアリーナツアーの全日程を終了した。

欅坂46は2019年の全国ツアーのテーマを「逆再生」に設定。それを表すようにセットリストは欅坂46初の武道館公演である、3rd YEAR ANNIVERSARY LIVEのセットリストの真逆に設定された。曲の演奏順だけではなく、ダンスパートも同じ位置に配置するなど徹底してテーマを追ったつくりになっていた。

加えてステージの上に檻を設置してその中でパフォーマンスを行うなど欅坂46ならではの演出も行われていたが、東京ドーム公演では演出を変更。平手が登場しグランドピアノを一音だけ叩いたのち、Overtureがスタート。公演が幕を開けた。

初日にはアンコールで2017年の紅白歌合戦以来となる『不協和音』を披露。Twitterのトレンド入りする反響を巻き起こしていたが、本日もアンコールでは『不協和音』を披露。満員の東京ドームを盛り上げた。

ダブルアンコールでは平手がソロ曲『角を曲がる』を披露。自身が主演を務めた映画『響-HIBIKI-』の主題歌を初めてファンの前で歌った。最後には平手が一礼し、「ありがとうございました」と感謝の言葉を伝えてステージは幕を閉じた。

平手の負傷の回復度合いが心配されたが、『不協和音』のあとにソロ曲を歌って微笑むほどに回復&成長しているようだ。関係者席には『響-HIBIKI-』の月川監督と共演した北川景子さんも姿を見せており、嬉しいサプライズとなった。

セットリスト

影ナレ(上村、菅井、原田)
Overture
① ガラスを割れ!
ダンストラック
② 語るなら未来を…
③ Student Dance
ダンストラック
④ エキセントリック
MC①(全員)
MC①(田村、松田、森田、山﨑)
⑤ 世界には愛しかない
⑥ 青空が違う(菅井、守屋、梨加、理佐)
⑦ バレエと少年(上村、尾関、小池、長沢、原田)
⑧ 制服と太陽
⑨ 二人セゾン
⑩ キミガイナイ
⑪ もう森へ帰ろうか?
⑫ 僕たちの戦争(上村、長沢、土生、梨加、理佐)
⑬ 結局、じゃあねしか言えない
MC②(井上、関、武元、松平)
⑭ サイレントマジョリティー
⑮ 避雷針
⑯ アンビバレント
⑰ 風に吹かれても
⑱ 危なっかしい計画
⑲ 太陽は見上げる人を選ばない
【アンコール】
⑳ 不協和音
【ダブルアンコール】
㉑ 角を曲がる

影ナレ

上村、菅井、原田「最終日行くぞー!」

MC①その2

森田「CDショップで語るなら未来を…のMVを見て足を止めてフルで見て欅のファンになった」

山﨑「サイマジョのMVを見て自分もこんな風になりたいと思った。欅に入る前より、欅に入ってからの方が欅が好き」

明日のめざましテレビで放送

コメント

タイトルとURLをコピーしました