本日9/24発売『IDOL AND READ 020』表紙に日向坂46松田好花が登場。生い立ちを2万字インタビューで語る

本日9月24日に発売される、読むアイドルマガジン『IDOL AND READ 020』の表紙巻頭に、9月26日にさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブを控える日向坂46の二期生、松田好花が登場した。

舞台『七色いんこ』で日向坂46から唯一参加し絶賛されるなど、そのユーティリティさが話題になっている松田。同誌では何事にもポジティブに笑顔で挑む松田の生い立ちを2万字インタビューで掘り下げている。

クラシックバレエを15年習っていただけあって所作も優雅で、一見おとやかそうに見えるが、実は「メンタルの強さと度胸はあると思っています」と自己分析するほどプレッシャーには強いようだ。そのメンタルの強さがどのようにして育まれたのかが垣間見えるインタビューとなる。

裏表紙はkinoshita。NMB48卒業を機に「木下百花」から改名した「百花」のアーティスト活動名が「kinoshita」だが、なぜこの名前にしたのかを含め、現在の活動状況から、セクシャリティのことや死生観についてまで幅広く語っている。

中面には、AKB48チーム4キャプテンの村山彩希や、ラストアイドルの長月翠、=LOVEの佐竹のん乃、虹のコンキスタドールの鶴見 萌などが登場している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました