UNI’S ON AIR(ユニゾンエアー)の序盤を攻略!難しいと感じたときに設定すべき4つのこと

9月24日、欅坂46・日向坂46のリズムゲームUNI’S ON AIR(ユニゾンエアー)が正式リリースを迎えました。

早速インストールして遊んでみましたが、リズムゲームの中でも難しい方だと思います。スクフェス、デレステ、乃木フェスと似たようなシステムのゲームは遊んできましたが、一番難しかったです。

「NORMAL」「PRO」「MASTER」と3つの難易度が用意されていましたが、リズムゲーム経験者なのに「PRO」をクリアできず驚きました。しかし、設定を変更した後は「PRO」をクリアするくらいはできるようになったので、変更した設定について紹介します。

UNI’S ON AIR(ユニゾンエアー)が難しい際にチェックするポイント

SSRよりSRのほうがかわいいと思う

①:軽量化設定
②:ノーツタイミングの設定
③:ノーツスピードの設定
④:ノーツデザインの設定

①:軽量化設定

ユニゾンエアーはすごい高画質ですし、ライブ映像が楽しめる点は素晴らしいんですが、残念なことにかなり重いです。推奨スペックもそれなりに必要そう。

性能の高いスマホでないとノーツがかくつき、押すタイミングがずれて判定が悪くなります。その際は「右上のMENU≫ライブ設定」へと進み、「軽量化設定」をすることをおすすめします。

とくにライブ最初のノーツが急加速する人はやったほうがいいと思います。ライブ映像を見られないのは残念ですけどね…

「ライブ動画」を「静止画」に「スキル演出」を「OFF」にしましょう。

②:ノーツタイミングの設定

続いてノーツタイミングを設定します。これは「当たり判定」の設定ですね。

あくまで体感ですが、ノーツの判定がかなり早めに押さないといけないようになっています。「設定画面へ」を押して「タイミング調整」を行いましょう。

音に合わせてタップすると自動で判定してくれます。僕の場合は丁度重なるくらいのタイミングで押す方が得意なため、早めに落ちるようになっています。

③:ノーツスピードの設定

このスピードを設定することで実質的に難易度を変更できるようになります。ノーツの落ちてくるスピードが速くて指が追いつかないという人は、ノーツを遅くしましょう。数字を減らすとノーツの動きが遅くなります。

あんまり数字を減らしすぎると、遅くなりすぎて逆に難しくなるので、初期値の50から、5~10くらい下げればいいと思います。

リズムゲームが得意な人は数字を上げましょう。

④:ノーツデザインの設定

これは好みもあると思いますが、真ん中のデザインは色が変わるのでどのノーツかの判別をしやすくなると思います。

それでもユニゾンエアーが難しいと感じたら

フロントメンバーを変更する

シーン一覧を確認してどのカードがライフが高いか、ライフ回復スキルを持っているか確認しましょう。

ライフが高いカードライフを回復できるスキルを持っているカードを優先的にフロントメンバーに組み込めば、かなり粘ってくれます。

あとは、フロントメンバーに選択しているシーンを育成しましょう。「才能開花」からライフの数値を増やすとライブが失敗するまでのミス回数を稼げるようになります。

対策アイテムを購入する

手っ取り早そうなのは高性能なスマホを買うことかなとも思いますが、対策アイテムを購入するのも効果的です。

暑い時期や、フルコンが見えてくると緊張して手汗で滑る、寒い時期は乾燥して滑らなくなる…そうなってしまうとノーツの判定が悪くなり、クリアできるものもできなくなります。

対策としては「スマホ用指サック」を購入するのも一つの手です。とくにフリック入力が苦手な人向けですね。

普通の手袋とは違い、スマートフォンのタッチパネルを操作することができる手袋もあります。こちらも手汗や乾燥を改善してくれます。

保護フィルムを貼るなら、おすすめは「アンチグレアフィルム」です。サラサラした触感が特徴的なフィルムで、フリック精度が明らかに変化します。

レビューにも音ゲープレイヤーの高評価が並んでいますし、使っている人も多そうですね。

あとは練習あるのみですね。地道に育成&プレイしましょう!スコアが伸びない方向けに、UNI’S ON AIR(ユニゾンエアー)のスコアを伸ばすためにするべき6つのことという記事や、初イベント向けに【ユニゾンエアー】イベントを効率よく進める方法も書いていますのでこちらもどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました