平成ノブシコブシ徳井さん、欅坂46のライブについて熱く語る【欅って、書けない?】

10月13日深夜に放送された『欅って、書けない?』では 「ノブコブ吉村から共演NGを撤回してもらおう 前半」 を放送した。

以前ダウンタウンがMCを務める番組にて、平成ノブシコブシの吉村崇が共演NGの芸能人に「欅坂46」の全員を挙げていたことから今回の企画が実現。

プロレス風味を感じる展開ながら、吉村さんとの関係修復を図る企画となった。

企画に至る経緯を説明したところで、MC陣は吉村さんを呼び込み。ここで吉村さんが出てくるかと思われたが、スタジオに登場したのは相方の徳井さんだった。

「どうも~」と登場した徳井さんは開口一番「落ち込むことなんてないよ!気にしなくていい!」と励ましの言葉をかけた。スタジオでは「普通にすごい落ち込んで…」という発言も出ており、その言葉を受けて早速エールをかけてくれたようだ。

その後にも、「ライブが格好いいんだからそれでいいんだよ」と自論を展開。これにはひな壇の尾関や小池、菅井などメンバーたちも笑顔だった。

さらに徳井さんは「東京ドームの感想だけ伝えてもいいですか?」と台本を無視して語りだした。

「このタイミングでドームできないじゃん。みんな思ったでしょ?つらかったよね?」と熱く話し出すと、「私たちには無理ですって言いながら、頑張れ頑張れってやったから、東京ドームで限界を超えたあの瞬間が緑色のサイリウムとして灯ったんだよ」と熱を込めた。

「ちゃんと良い話」とテロップが表示されるなど、緊張していた雰囲気のひな壇にも明るさが戻っていた。

この熱い発言にはファンの間からも、
「徳井がいいこと言った!」
「徳井の熱さw」
「さすがソニー会議の人」
「よくぞ言ってくれた」

と、絶賛の声が集まっている。

東京ドームにも参戦&コラムも執筆

コメント

タイトルとURLをコピーしました