日向坂46のファン、お酒を飲み泥酔した状態で握手会に参加し握手レーンで嘔吐。救急車が出動する事態に

画像提供:Seed & Flower合同会社

11月3日、日向坂46の3rd全国握手会@京都パルスプラザが開催された。その際、お酒を飲み泥酔した状態で握手会に参加し、握手レーンで嘔吐する者がいたと話題になっている。イベント会場に救急車が出動する事態になっていた。

そのファンが並んでいたのは佐々木久美と高本彩花のいる第11レーン。会場付近でお酒を飲み、そのまま握手レーンに並んだところ、レーンの入り口付近のパーテーションで気持ち悪くなり吐いてしまったとのことだ。

日向坂46の運営委員会は「【レーン詳細のお知らせ】3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』発売記念 全国握手会 11月3日(日)京都会場@京都パルスプラザ」内で注意事項を記載。様々な項目の中には「※お酒を飲んでのイベント参加は禁止とさせて頂きます。」が含まれている。

今回のように救急車が駆け付ける事態になるなどトラブルの元であり、ファンの出禁など対応が待たれる。

これにはファンからも
「11レーンで吐いたバカのせいで11レーンやばいって大騒ぎになってるぞ 運営さっさと出禁にしろ」
「なんで会場で酒飲んでたの?」
「イキったガキが飲酒してるのはよくみるよな 出禁にしてくれ」
「ちゅうか握手会って飲酒NGじゃないんか」

と厳しいコメントが寄せられている。

Twitterの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました