『セルフ Documentary of 日向坂46』第3回は金村美玖、小坂菜緒、上村ひなのが登場!初めて伝え合う思いに涙も

日向坂46のメンバーがお互いにインタビューを行い個性を掘り下げていくドキュメンタリー番組『セルフ Documentary of 日向坂46』が、11月24日に第3回の放送を迎える。

第3回の放送に出演するのは金村美玖、小坂菜緒、上村ひなのの3名だ。

最初にインタビューを受けるのは金村。アイドル活動のなかでつらい時や苦しい時はいつも家族に支えられてきたという金村。そのインタビューでは、家族とのエピソードが涙ながらに語られた。

さらには、グループの中で「自分は個性が無い」と悩みを明かす。そんな金村に対して同じ2期生の小坂が初めて伝えるという気持ちを明かしていく。

“アイドルに向いていない”上村ひなのと、苦悩する小坂菜緒

続く2番手は上村。幼いころからアイドルが大好きな上村は、アイドルの魅力、初めて先輩メンバーに会った時の感動、加入当初の不安などを話す。

「アイドルに向いていると思う?」という質問には「向いていない」と即答。しかし、それは悲観的な答えではなく、上村ひなのなりのアイドル像を伝えるものだった。

ラストに登場するのは小坂。元々は静かな性格だったものの、アイドルになって明るい自分に戻れたという。だが、日向坂46としてのデビューに際しセンターに指名。その時期に人知れず抱えていた苦悩を涙ながらに告白した。

金村は「私は話すことが大好きなので、とても楽しい時間でした!」と振り返りつつ、「心の奥の部分に触れることができて、お互いに理解が深まりました。」と収録を振り返った。

小坂が「知らなかった話もたくさん聞けたし、私も言ったことのないことをたくさん伝えられました。」、上村が「先輩たちの心の内を知ることができて、私がこれからどう頑張っていけばいいのか少し見えてきた気がします。」と語ったように、メンバー同士の理解が深まる収録になったようだ。

金村美玖コメント
私は話すことが大好きなので、とても楽しい時間でした!この3人は似ているところがたくさんあって、話すことも多いメンバーなんですけど、今回の収録では心の奥の部分に触れることができて、お互いに理解が深まりました。今後もいろんなメンバーの組み合わせで話すことができたら、新しい発見があったり、絆が強くなったりするのかなって思います。

小坂菜緒コメント
メンバーとこういう真剣な話をするのは初めてだったので、知らなかった話もたくさん聞けたし、私も言ったことのないことをたくさん伝えられました。そして、たくさん泣いちゃいました(笑)。ひなのも今日はたくさんしゃべってくれて、後輩としてたった一人で入ってきて、絶対不安だろうなって思っていたので、内に秘めた本当の言葉を聞けてすごくうれしかったです。深い話からちょっと笑える話まで、いろいろと話すことができました。

上村ひなのコメント
最初は自分をさらけ出せるか不安だったんですけど、3人の世界になると、思っていることを自然と口にすることができました。先輩たちの心の内を知ることができて、私がこれからどう頑張っていけばいいのか少し見えてきた気がします。今回の収録で、伝えるということがとても大事なことだと感じました。気持ちを伝え合うことがグループの絆につながっていくんだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました