欅坂46、9thシングルの発売延期を発表

欅坂46

12月8日、今冬の発売が発表されていた欅坂46の9thシングルについて、発売日を見直し、年内の発売を延期することが公式サイトにて発表された。

欅坂46の運営元であるSeed & Flower合同会社は「ご案内しておりました9thシングルに関しまして、当初この冬年内のリリースを予定しておりましたが、制作を進める上でより良い作品を追求して行きたいという考えに至り、発売日を見直す事になりました。」と報告。

さらに「楽しみにお待ち頂いている皆様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。」としたうえで「発売日につきましては、また改めてご案内させて頂く予定です。」と発売日を来年以降にすることを発表した。

今年9月には『欅って、書けない』(テレビ東京)にて選抜メンバーを発表し、タイアップCMでは『10月のプールに飛び込んだ』や『砂塵』など新曲を発表。9thシングルの収録曲ではないかという推測も流されていたが、詳細については伏せられたままだった。

以前、欅坂46運営サイドは9thシングルについて「今冬の発売」を発表。さらにキャプテンの菅井友香が年内の発売をブログに書いていたため期待が高まっていたが、来年へと持ち越されることになった。

8thシングル「黒い羊」の発売は2月27日。2019年は過去最少の1作のみとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました