平手友梨奈「初めての映画が「響」でよかった。自分の賞じゃなくて、「響」チームの賞だと思います」

12月28日、日刊スポーツ映画大賞の授賞式が行われ、新人賞を受賞した平手友梨奈が登壇した。

本日12月29日発刊の『日刊スポーツ』では一面で日刊スポーツ映画大賞新人賞受賞インタビューコメント入り記事を掲載した。

一面には「笑顔いっぱい久々公の場 平手友梨奈」の見出しと共に盾と花束を受け取り笑顔を見せる平手の写真を掲載。「初めての映画が「響」でよかった。自分の賞じゃなくて、「響」チームの賞だと思います」という謙虚なコメントも紹介された。

平手は、報知映画賞こそノミネートに終わったものの(主演女優賞・新人賞)この日刊スポーツ映画大賞新人賞では栄冠を勝ち取った。現在もエランドール賞新人賞と毎日映画コンクール新人賞にノミネートされておりさらなる受賞が期待される。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました