欅坂46初のドキュメンタリー映画「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」の全国公開が決定!

画僧提供:2020「DOCUMENTARY of 欅坂46」製作委員会

欅坂46初となるドキュメンタリー映画「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」の全国公開が4月3日に行われることが決定した。

映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』ではデビュー当時からの欅坂46の道のりを振りかえる。『紅白歌合戦』、全国アリーナツアー、ロックフェスへの参戦、東京ドーム公演など、大舞台に挑んだ欅坂46の姿を映し出す。

映画では、最新の独占インタビューから、初公開となる記録映像の数々を収録。舞台裏をあまり語ってこなかった欅坂46の等身大の姿を知ることができるという。

メガホンをとるのは、映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』を手掛けた高橋栄樹監督。

本日解禁された予告編では、1stシングル『サイレントマジョリティー』から、昨年の東京ドーム公演のパフォーマンスに至るまで、これまでの欅坂46の印象的なシーンを収録しつつ、約4年間の裏側を明かしていく。

「欅坂って平手がいないと成り立たないのか」「わかんなくなっちゃったのは不協和音辺り」など気になるワードがいくつも飛び出した予告編。全国公開は4月3日に行われる予定だ。

タイトルとURLをコピーしました