レコ大で史上最強の「アンビバレント」を。センターはいったい誰になるのか

本日12月30日に放送される「第60回輝く!日本レコード大賞」に欅坂46が出演。優秀作品賞を受賞している「アンビバレント」を披露する。

しかし、センター平手友梨奈は負傷で欠場がほぼ確実な状況。(アナウンスはないけどさすがに休んでくれ)

そんな中、昨年に続くレコード大賞でのパフォーマンスに意気込んでいるのが齋藤冬優花だ。ふーちゃんはブログを更新し、レコ大について語った。

「そして、明日はついに『輝く!日本レコード大賞』さんに出演させていただきます。
史上最強の『アンビバレント』をパフォーマンスできるように、頑張ります💪✨🙎‍♀️🙎‍♂️
是非リアルタイムで見てください〜📺」

史上最高じゃなくて史上最強なのがふーちゃんっぽい。史上最強の『アンビバレント』と聞いて気になるのがセンターが誰なのかということだ。「Mステスーパーライブ2018」でキレキレのダンスを見せた鈴本、「CDTVクリスマス音楽祭2018」でダイナミックかつ表現力の高いダンスを見せた土生。一方、紅白歌合戦での『ガラスを割れ!』のパフォーマンスは小林由依がセンターを務めることが明らかになっている。

これで「アンビバレント」のフロントメンバーのうちセンターポジションに立っていないのは渡邉理佐だけ。センターが発表されていない年内のテレビパフォーマンスも「レコード大賞」だけであり、理佐のセンターが期待される。「CDTV」は年越しスペシャルだし理佐センターでクールな振付の「アンビバレント」を披露するとなれば確かに史上最強の「アンビバレント」になるかもしれない。

ただ、「Mステスーパーライブ2018」でのセンターパフォーマンスが話題になり、Twitterの世界トレンドに「もんちゃん」が入った鈴本で「レコード大賞」を狙いに行くという選択肢も考えられる。(理佐センターも観たいけどもんちゃんセンターのアンビバレントがあれ一回きりってすごいもったいなく感じるんですよね…)

2016年は「サイレントマジョリティー」が新人賞にも選ばれず、2017年は「風を吹かれても」が優秀作品賞だった。センターが誰になるのか、2期生が参加するのか。パフォーマンスの詳細は謎に包まれたままだが、史上最強の「アンビバレント」で、昨年オーケストラの生演奏をバックに「インフルエンサー」で大賞を勝ち取った乃木坂46に続いてほしいところだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました