JCD年間アルバムチャート第10位にけやき坂46「走り出す瞬間」がランクイン。日本女性アイドルグループとしては最上位

2019年1月6日にオンエアされたJAPAN COUNTDOWNにて「2018年 年間アルバムチャートTOP10」が発表され、けやき坂46のデビューアルバム「走り出す瞬間」が第10位にランクインした。これは日本女性アイドルグループに限れば最上位となる。

オリコンが発表した年間ランキングではAKB48の9thアルバム「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」が第2位にランクインしていたが、集計方法の異なるJCD年間アルバムチャートでは上回る結果となった。

2018年は姉妹グループの乃木坂46・欅坂46はアルバムを未発表。ただ、1月に前述のAKB48や乃木坂46のアンダーアルバム「僕だけの君〜Under Super Best〜」は発売されていた。また、ももいろクローバーZは5月にベストアルバム「MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM「桃も十、番茶も出花」」を発表している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました