小林由依、シュールすぎる異世界コントでJKトーク

1月12日に放送された異世界コント番組『猿以外の惑星』に欅坂46から小林由依が出演した。

「進化した“動物人”と人間の生活。その社会におけるそれぞれの滑稽さと悲哀の物語。」と言いつつも、2週連続でやっぱりめちゃくちゃシュールなコント番組だった。今週も少しギャルっぽい女子高生に扮した小林は鶏姿の友達と恋バナをしていく。

「ヒトミってさホント男見る目ないよね~」とゆいぽんは鶏に言われてるが、先週もそう思ったように鶏の絵面が強すぎてやっぱりトークが頭に入ってこない。ゆいぽん扮するヒトミは「つか、見る目ないとか言うけどさそんなんつきあう前から分かんなくない?」とオトコ事情を語るが、それに対する返答も「いや、男なんて鶏冠(トサカ)見れば一発でしょ。本気で発情してるかどうかなんてすぐ分かる。常識だよ」というもの。

(そうなんだ…)と視聴者はみんな思ったことだろう。いや、ゆいぽん推しの中で「鶏の鶏冠を見れば本気で発情してるか分かる」ということが常識になったかもしれない。

やっぱりツッコミ役は不在なので、(というかそういう世界観でもないみたい)「そういえば、結構帽子かぶってること多かったんだよね」とのっかるゆいぽん。また話の流れから「鶏冠が体温調整にも重要」ということも勉強できた。いや僕はゆいぽんの演技を見に来たんだけど…

先週もあった鳥頭の話から、今週はライオネル椎名の「三行半」を視聴する2人(?)。どっからツッコめばいいんだろうとか考えてたら終わった。「ゆいぽんの制服姿がかわいいのでもっとテレビで見たい」とか「演技も上手いからもっと見たい」とか思っている間に終わってしまった。もっと長い尺で演技の仕事が来ることが待ち遠しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました