平手友梨奈「泣いちゃった(笑)言い訳していい?」映画「響」ビジュアルコメンタリー収録レポが公開

1月17日、映画ナタリーが更新され、欅坂46平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督による映画「響-HIBIKI-」のビジュアルコメンタリー収録レポが公開された。

周りの反応について尋ねられた平手は「歌番組に出させていただいたときに、ひさしぶりに会う方に『響-HIBIKI-』のことで声をかけられることが多くて」とスタッフや共演者から映画について話しかけられることも多かったそうだ。また「欅坂46のメンバーからも 『観たよー』ってLINEが来ました(笑)」と、メンバーとのやりとりも明かした。

クランクアップ時には平手が号泣したようで、月川監督が「平手さんが号泣してね。まだ響でいたいって」とエピソードを語った。平手は「泣いちゃった(笑)。言い訳していい? まずプロデューサーが号泣したの。で、俳優周りのスタッフさんも号泣してて、びっくりしたの」と答えたとのこと。「泣いちゃった(笑)。言い訳していい?」って照れてるのかわいすぎません?

このビジュアルコメンタリーのフルバージョンは3月6日に発売される「響-HIBIKI-」のBlu-ray/DVD豪華版に収録される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました