SCHOOL OF LOCK!にて欅坂46 8thシングル表題曲「黒い羊」が解禁!

1月21日に放送されたSCHOOL OF LOCK!(TOKYO FM)にて、欅坂46 8thシングル表題曲「黒い羊」が解禁された。

GIRLS LOCKS!の3週目ガールズとして平手友梨奈が登校した。2019年最初の授業は『新春だよ! 第3回 クイズ平手友梨奈』。話題になっていた「おもち」や日刊スポーツ映画大賞授賞式の話も。授賞式でてちは「食べていいのかわからずそわそわ」していたそう。ただ、いちごゼリーの上にアイスが乗ったデザートは食べたそうだ。

「平手友梨奈が今年挑戦したいことは?」という質問クイズには「バンジー!」と回答。「行ってきまーす。バイバーイ」みたいな感じでなんでもなさそうに飛べると自信を見せた。その後は左手で書き初めに挑戦した。

コーナーの最後ではついに新曲「黒い羊」がフルオンエアされた。ピアノ伴奏から曲はスタート。「そうだ僕だけがいなくなればいいんだ」「目配せしてる仲間には僕は厄介者でしかない」「人間関係の答え合わせなんか僕にはできないし」「反対が僕だけならいっそ無視すればいいんだ」など歌詞には多数の「僕」が含まれており、欅坂46の「僕」が全面に押し出された歌詞になった。周囲の雑踏のような音声で曲が終わるのも印象的だ。雑踏の中で「僕」は強い意志を内面に、沈黙して孤立しているのだろうか?

校長も言っていたように、欅坂46の「僕」のストーリーは「エキセントリック」「避雷針」「もう森へ帰ろうか?」など表題曲ではなく、カップリング曲で繋がれてきたという一面を持っている。しかしそれが、表題曲に採用されることになったのだ。曲自体はガンガン激しい曲ではないが、そこに含まれている意志の強さとメッセージ性は、これまでの欅坂46の楽曲の中でも随一だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました