菅井友香「苦しんでる人とかがいたら、そういう方も救えるような曲にしたい」レコメン!にて「黒い羊」について語る

1月21日夜、菅井友香がレコメン!(文化放送)にレギュラー出演した。

この日放送されたSOLに続きレコメン!で8thシングル表題曲「黒い羊」が初解禁(偽)された。レコメン!での初解禁に、のりさんも「レコメンでの初解禁ありがとうございます!」と喜びを語っていた。ゆかのすけは「初解禁ではなかったんですけど…」と苦笑い。でものりさんは「レコメン!では初解禁です。ぼくはれこめん文化放送以外のラジオあんま知らないですから」と拗ねたような発言をしていた。

のりさんから「どうですか?改めて」と話を振られたゆかのすけは「今日はじめて自分達の声の入ったものを聴いたんですね。私もオンエアで」とメンバーも初めて音源を聴いたそう。「なんかすごく曲調は激しいわけじゃないんですけど、何かすごい強く訴えられるような歌詞で。メンバーの声で聴いてよりなんかすごく…てちのソロパートとかも私の胸に刺さるものがあったし」とメンバーの声で聴いたことにより、一層気持ちに訴えかけられた様子だった。

ゆかのすけが「なんか5分っていう長めの今までのシングルの中でも長めの曲なんですけど、そんなふうに感じないような…」と言うと、のりさんも「でも5分あったなんて思えないぐらいな。刺さって後をひくっていうかね」とあっという間に感じたようだ。

そんな、ゆかのすけは「最初に曲いただいたときに訳分からないぐらい涙出てきて。帰りに車の中で聴いてたんですけど、なんかすごく色々思い出すことがあって…」と泣いたことを明かした。のりさんの「共感というか自分で刺さっちゃったら抜けないよね。しばらく考えちゃうよね」という言葉には「そうなんですよね」と同意していた。

ゆかのすけは「でも『黒い羊』っていうタイトルなんですけど、その黒い羊って厄介者とか除け者っていう意味があって・・・」と黒い羊の意味にも触れ、「メンバーとも話してたんですけど、もしそういう苦しんでる人とかがいたら、そういう方も救えるような曲にしたいなって。まぁ大げさかもしれないけどそれぐらいの気持ちで歌って・・・」とパフォーマンスへの意気込みを語った。

気合いの入るゆかのすけに、「歌ってくれるメンバーがそこまで考えてくれてるだけでかなり聴いてる側の印象は違いますよ。『与えられました。歌ってください』じゃなくてしっかり『こういう気持ちなんだね』とか『こういうことなんだね』って考えてるんでしょ?」とうれしいことを言ってくれるのりさん。

ゆかのすけも「そうですね、レコーディングのときとかも結構そういうつらいこととかを思い出しながら。ミュージックビデオとか観ていただければ。これから解禁されると思うのでわかるんですけど、色んな物語がその中に入っているので是非観て欲しいなと思います」と、レコーディングの際も感情を込めて歌っていたという。

のりさんの「この歌の中でメッセージ性があって、強いのがあるけど、この詞でがグサッと来たんですよってさっき言ってたじゃないですか」という質問には「2番の最初の『人生の大半は思うようにいかない』っていうところに共感」したという。そうラジオで語るゆっかーの声にもどこか感極まっているような雰囲気が含まれていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました