小池美波がブログ更新。「今までずっと自分に自信が何一つ無く、 自分の全てが大嫌いでした。」

1月27日深夜に放送された『欅って、書けない?』において8thシングル『黒い羊』のフォーメーションが行われた。その結果、小池美波が6thシングル『ガラスを割れ!』以来、通算3度目のフロントメンバーに選ばれた。

けやかけでのフォーメーション発表を受け、29日小池はブログを更新している。

ブログでは冒頭から、「昨日の「欅って、書けない?」で8枚目シングル「黒い羊」のフォーメーション発表がありました。」とフォーメーションについて触れると、「個人的なお話になってしまいますが…今までずっと自分に自信が何一つ無く、自分の全てが大嫌いでした。」と自分について語り始めた。

「そんな私に優しい声を掛けてくれた人に対しても、気を使わせてしまっているとどこかでその言葉を受け止められずにいました。」とファンやスタッフ、メンバーや友人などからの称賛の言葉も素直に受け取れなかったという。それは「今でも自信は何一つありません。自分自身も好きになれません。」と変わっていないようだ。

「今回のことに関しても、私に「なんで」と否定的に思う方もいらっしゃるかもしれません。」と前置きしつつ、「でも「黒い羊」を聴いて、今までの自分の考えが少しだけ変わりました。」と『黒い羊』により自身も影響を受けたことを明かした。

「今回こそマイナスな自分の気持ちにも、マイナスな意見にも負けたくありません。ただただ頑張ろう、と前向きに思っています。」と、まるで歌詞に登場した「僕」のような意志の強さをブログに見せている。「今年の目標でもある、何か一つでも自信に繋がるものを少しでも見つけられるように。そしてこの曲で感じたものを皆さんにもお伝え出来るように。ただただ頑張ります。」と意気込みを語り、小池はブログを終えた。

昨年末はセンター平手友梨奈が負傷で欠場する中、音楽番組での『アンビバレント』センター交代劇の裏で毎回違うポジションを担当し、影の功労者と呼ばれたこともあった。「2018 FNS歌謡祭」ではAKB48、乃木坂46、IZ*ONEの合同ステージにも出演するなど、着実に成長を重ねてきたが、それでもまだ自信はないと言う。そんな彼女が、『黒い羊』での変化ののちどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。期待して待ちたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました