長濱ねるがドラマ「かんざらしに恋して 」の「役への思い」を語る

1月28日、ねるねちけいONLINE!(@nhk_neruhk)公式Twitterが更新され、長濱ねるが登場した。

同アカウントにて公開された動画で、長濱ねるは自身が出演するNHKドラマ「かんざらしに恋して」の「役への思い」について語った。番組紹介では「腹黒い性格」となっていたが、長濱的には「悪気がなく気が付いたら周りを巻き込んでしまうトラブルメーカー」のようだ。

(写真提供:NHK長崎放送局)

「かんざらしに恋して」はNHK長崎放送局制作の地域ドラマ。東京からやって来た地域おこし協力隊員桐畑瑞樹を演じるのは貫地谷しほり。20年前に閉店してしまった、地方銘菓「かんざらし」の名店「銀流」を復活させるために奔走する。

長濱は「銀流」のアルバイト、腹黒い性格の保科舞香を演じる。貫地谷、長濱のほか、島原市おもてなし課職員には遠藤憲一と宮崎香蓮、同じくアルバイト役には和泉ちぬ、市長役に前野朋哉といった面々が名を連ねる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました