欅坂46 8thシングル『黒い羊』MVメイキング映像及びMV映像が一部解禁

2月1日、朝の情報番組において欅坂46の8thシングル『黒い羊』のメイキング映像とMV映像の一部が初めて解禁された。

『黒い羊』では全シーンを1カットによる撮影を行った。8作連続でセンターを務める平手友梨奈を中心として「思春期の心のもがき」をダンスで表現しようとしている様子が紹介された。平手の怪我や楽曲のテンポなどから、激しいパフォーマンスは見られないのではないかとの予想もあったが、欅らしいかっこいいダンスを見ることができる。

ティザーイメージから衣装にも注目が集まっていたが、「月スカ」のようなカジュアルな衣装でのMVとなった。キャプテン菅井友香と副キャプテン守屋茜は新曲について「(新曲は)世の中のはみだしものという意味が込められている」と説明。MVではそのはみだしものたちが苦悩しているのを平手友梨奈が抱きついて救っていくようにも見えた。

象徴的なのは、平手は各メンバーの元へ駆け寄り手を差し伸べるが、他のメンバーは平手のほうを見ずに駆け出してしまい、平手が一人で取り残されてしまう場面だ。平手は転んでしまった人にも手を差し伸べるが、その人も平手に構わず走って行ってしまう。ただ、公開されたMVは5分ある曲のほんの一部だけ。一人残された平手がどうなるのか、走って行ってしまった人たちは後から平手に手を差し伸べるのか。MVにもストーリーが隠されているようだ。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました