事前に予告されていた通り、欅坂46 8thシングル『黒い羊』MVが一部解禁

2月1日、朝の情報番組にて欅坂46の8thシングル表題曲『黒い羊』のMV及びメイキング映像が一斉に解禁された。

日本テレビ「ZIP!」SHOWBIZコーナーでは「平手友梨奈8作連続センター 欅坂46新曲」と題し、『黒い羊』のMVを特集した。一部活動を休止してていた平手友梨奈の復帰を報道。さらに菅井と守屋の「黒い羊=世の中のはみ出し者」という説明から、「どんな人でも相手と向き合って確かめ合えば思いは伝わるという曲」という言葉を紹介した。

番組ではMVの映像と共に、「どう接するべきか悩む若者の心情」とテロップで解説。その心情をダンスで表現しようとする欅坂46のMVを一部放送した。

MV紹介ではその強い歌詞にも着目。公開されたMVでは平手が苦悩するメンバーを救おうと抱き着いたり、手を差し伸べる様子を見ることができる。さらに平手は転んでしまった小林にも手を差し伸べるが、小林を含むほかの登場人物は全員平手を残して走り出してしまう。

その後一人残された平手は自分の体を自分の手で抱きしめると皆が走り去った階段へ向かう…というシーンで映像は終了。階段の先に何があるのか、また1シーンで撮影されたMVにはどんなストーリーが用意されているのかなどまだまだ分からないことも多い。

朝の情報番組での解禁ではZIP!の放送が最長だったが、それでも解禁は一部のみ。ストーリーが感じられるMVなだけにフルバージョンの公開が待ち遠しい。平手がメンバーの間を行ったり来たりするシーンは『月曜日の朝、スカートを切られた』のパフォーマンスを想起させる内容。MVを手掛けたのは池田監督だろうか。今日の12時か24時にあると思われるフル解禁が待ち遠しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました