齋藤冬優花と小池美波がブログ更新。MVでの自らの役柄について語る

2月2日、齋藤冬優花と小池美波がブログを更新。『黒い羊』のMVでの自らの役柄について説明した。

冒頭に出てくるふーちゃんの役柄は「貧乏な家庭で育ち、自分の両親を彼氏に馬鹿にされている女性」だという。「ただ馬鹿にされてキレているのではなくて、自分がどうやってその両親に育てられた、とか、そういうものもちゃんと考えています。」と登場人物の背景を意識しながら役柄を演じたそうだ。

ふーちゃんのお母さんは「メンバーがやっている役の子たちはもうすでにこの世にいなくて、それを平手ちゃんが過去に戻って救いの手を差し伸べているのかなーって思った」そう。より多くの方が見ればみるほど、様々な解釈ができるMVなだけに「それが共有できることが、とても幸せです」と喜びを語った。

みいちゃんもブログを更新。自らの役について「私の役は名称が難しいですが、自分で責めて責めて追い込んでしまって、SNSで誰かから暗い内容の通知が届き、人生を諦めてしまって行動に移してしまうような役です。」と解説した。「メンバー全員、それぞれの役がとても深いので是非じっくり一人一人注目して観ていただけると嬉しいです」と呼びかけている。

友人からも感想を受け取ったそうだが、その内容はいろいろなものが含まれていたそう。「黒い羊のMVでこんなにも色んな捉え方があるんだなって、まじまじと読んでいました」と出演者であるみいちゃん自身も様々な解釈に驚きつつ、関心を持っているようだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました