腹黒酒豪ねるが大活躍!長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」が放送

2月6日21時から放送された『かんざらしに恋して』に長濱ねるが出演した。

ねるが演じたのは「腹黒な」銀流のアルバイト保科舞香。ただ、腹黒と言うよりは自分の態度を表に出してしまうよう性格だった。お客さんに注意されれば不満そうにしたり、接客態度を指導されれば言い負かしてしまったりなど、感情を抱え込むようなシーンが見られない役だった。塩対応ねる。

アルバイト役とのことでチョイ役かも…と心配していたが、実際は貫地谷さんとエンケンさんに次ぐくらいの出演時間であり、長台詞も用意されていた。

ねるが演じた保科舞香は言動に思った感情がストレートに出てしまうタイプ。それだけにネットでの炎上を伝えたり、他の登場人物の陰口めいた言葉を本人に伝えたりと、その悪女っぷりで物語を動かしていた。普段優しくて温厚な性格のねるは思ったことがそのまま言動に出るタイプではないが、真逆なキャラクターを演じきっていた。

いろいろと上手くいっていなかった銀流だったが最後には名店の味も復活。ねる演じる舞香の表情にも「あの笑顔破壊力あるわー!」との台詞があったように、笑顔が戻っていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました