平手友梨奈、SEKAI NO OWARIの「スターゲイザー」MVにて自身考案のソロダンスを披露

本日2月8日、SEKAI NO OWARIの楽曲「スターゲイザー」のMVが公開された。2月27日に発売されるニューアルバム『Eye』と『Lip』のうち、『Eye』のラストに収録される楽曲となる。

平手友梨奈

平手はそのMVにて、「普通の日常」を生きる少女を演じる。MVの後半では満月の下で暗闇の中渾身のソロダンスを披露。Fukaseさんのコメントによると「ダンスの振り付けはご本人にお願いしました」とのことで、平手はダンスパフォーマンスだけではなく、振り付けも担当しているという。

ただ、この曲の「普通の日常」とは「時々頭がおかしくなる」と言葉が付くように苦しく閉塞感を感じるものだ。満月の下、地面を転がり感情を爆発させる平手のソロダンスには、その「普通の日常」を生きる人たちの様々な感情が含まれているのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました